保険診療と自由診療の違いを解説。眼瞼下垂はどっちで治療するのがいい?

瞼の筋肉の働きがよくないことによって起こる「眼瞼下垂」。これは手術で治療することができます。しかしそのときに気になるのが、「保険診療か、それとも自由診療か」ということです。

ここでは、「そもそも保険診療と自由診療はどう違うのか」「保険診療で手術ができるのはどういう場合か」「自由診療のときの注意点は?」について見ていきます。

<そもそも保険診療と自由診療はどう違うのか>

保険診療と自由診療は、大きく違います。

保険診療の場合、健康保険が使えるため、手術や投薬治療を受けた場合でも満額を払う必要はありません。そのため、非常に安く治療を受けることができます。

これは日本人の医療を支えている根幹的なシステムです。いろいろな意見はありますが、日本という国が比較的貧富の差が少なく、だれもが医療を受けられるのはこの「保険診療」によるところが大きいと言えます。

保険がきいている場合、治療にかかる費用は大きく割引されます。負担額は年齢や収入によって異なりますが、1割~3割の間です。つまり、10万円の治療を受けたとしても、自己負担額は1万円~3万円で済むのです。

眼瞼下垂を受ける人の大多数は、負担割合が3割の層(小学校入学~69歳まで)でしょう(そのため、ここではこの「3割負担」を前提としてお話をしていきます)。

ただ、注意してほしいことがあります。それはこの「保険診療」が使える範囲がきちんと定められている、ということです。これは「その人が生きていくうえで必要な治療」についてしか認められません。そのため、美容整形手術などの顔や体を美しくするための手術や、病気にかからないために受ける予防注射、一般的な妊娠などについては原則として保険はききません。

<眼瞼下垂の場合はどうなるのか>

では、眼瞼下垂の場合はどうなのでしょうか。

これは実は、「保険診療」と「自由診療」の境目にあるものだと言えます。

眼瞼下垂のもっとも大きな症状として、「まぶたが垂れ下がってくることで外見上に変化が現れる」というものがあります。これだけの場合は、あくまで「美観を整えるために手術を受ける」ことになるので、保険はききません。つまりは「自由診療」に分類されるのです。

しかし、「眼瞼下垂によって視界が著しく狭まり、日常生活に支障が出ている」「瞳孔部分にまで影響がある」といった場合には、「保険診療」が可能になります。

つまり、単純な外見上の変化だけでなく、一般的な生活を送るうえで不都合があるかどうかによって判断されるのです。

これはケースバイケースの部分もあるため、その人その人によって判断が分かれるのも確かです。自分だけで判断できるものではないため、医師の診断を受けることになります。

<自由診療にもメリットがある>

保険がきくかきかないかで、料金は大きく違います。病院によって手術の費用は違うので一概には言えませんが、20万円以上の違いがでることもあります。

ただし自由診療にもメリットがあります。

もっとも大きなメリットは、「自由診療の場合は手術方法が選択できる」ということでしょう。保険診療の場合は美観を整えることが目的ではないため、切開手術に限られます。また、傷跡が残ることもありますし、そもそも不可逆性の手術です。

対して自由診療の場合、自分の細かい要望を伝えることができます。目を美しく魅力的に見せるための工夫もすることができます。単に「日常生活の不便を解消するための手術」ではなく、「コンプレックスを解消して、美しくなるための手術」が受けられるというメリットがあるのです。

どちらが良い、悪いということはありません。

いずれにしろ、必ず医師に相談をしましょう。病院によっては両方を取り扱っているところもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です