結局どこで受ければいい? 眼瞼下垂に力を入れている美容クリニック

「眼瞼下垂」で調べると、さまざまなクリニックがヒットします。「眼瞼下垂手術」をメニューに掲げているところは、当然ながら、どこも自身の医院の技術に自信を持っています。また、個人との相性もあるため、どのクリニックが良い、悪いとは一概に言えない部分も多いと言えます。

ただ今回はそのなかでも、「眼瞼下垂に力を入れているクリニック」としてよく調べられている知名度の高いクリニックをいくつか紹介したいと思います。

<丁寧な説明がうれしいヴェテクリニック>

「なぜ眼瞼下垂になるのか」「どのような手術方法があるのか」「保険はきくのか」などについてまで詳しく説明しているのが、ヴェリテクリニックです。このクリニックのホームページは、単純に「手術を当院で受けようと思っている人」に対する案内だけでなく、「そもそも眼瞼下垂とはどういったものか」をとても細かく説明してあります。眼瞼下垂に悩む人は、一度目を通しておくべきでしょう。

このクリニックは、ほかの病院での眼瞼下垂手術に失敗した人の「お直し」をすることも得意です。メイクと眼瞼下垂の関わり方についてまで言及しています。

東京、愛知、大阪、福岡と全国にあるのも便利ですね

<丁寧なカウンセリングがうれしいユニタ整形外科・形成外科クリニック>

ユニタ整形外科・形成外科クリニック(以下「ユニタ」)は、非常に丁寧なカウンセリングをすることでよく知られています。カウンセリングを「治療の一つの段階」として定めており、理想のイメージやダウンタイムなどについてしっかり説明してくれる病院であり、安心感が強いのが特徴です。

この病院の場合は、確固たる信念を持って、「結膜から行う手術はしない」としています。(先天性などの一部の例外を除きます)そのため、この理念に共感する人でなければ、ユニタでの眼瞼下垂治療は難しいと言えるでしょう。しかし技術力の高さをウリにしているところでもありますから、傷が見えてしまうというリスクは少ないと言えます。

ちょっと難点なのは、ユニタは全国展開をしていない病院である、ということ。福岡にしかないので、東京などの人は足を運ぶのが極めて難しいと言えるでしょう。

<知名度NO.1!? 高須クリニック>

「高須クリニック」といえば、多くの人が知っているクニリックでしょう。日本でも有数の知名度をほこる病院であり、だれもが一度はコマーシャルで目にしたことのある病院だと言えます。

高須クリニックでは、施術前~半年後までの写真をきちんと載せており、経過がわかりやすいという特徴があります。カウンセリングを受けた当日に手術を受けられるため、時間がかからないのも魅力です。また、施術時間も短いのでこの点も安心です。メイクもその日からできるので、ノーメイクで帰らなければならない……ということもありません。

クリニックは、東京・神奈川・愛知・大阪にあります。

<「指導者」もやってきた医師が施術するコムロ美容外科>

数多くの美容外科医の育成に尽力してきた医師がメスをとるのが、「コムロ美容外科」です。東京・大分・宮崎と、九州に強い病院です。

「痛み」「腫れ」を極限まで排除したとされる「コムロメソッド」という技術を開発し、痛みの少ない眼瞼下垂手術を目指しています

「痛み」が怖くて眼瞼下垂手術をためらっている、という人にはよいでしょう。

ちなみにこのコムロ美容外科の場合、眼瞼下垂は他の目元施術との組み合わせ手によって料金が大きく変わります。30万円、50万円、70万円となっており、会計が明朗であるのもうれしいポイントです。

ここで紹介した4つ以外にも、さまざまな病院があります。眼瞼下垂の専門医を擁する「いりなか眼科クリニック」、保険診療による眼瞼下垂の手術を担当する「はる眼科クリニック」など、いろいろな候補があります。自分にあったものを選んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です