先天的なタイプと後天的なタイプがある!? 眼瞼下垂の原因とは

「眼瞼下垂」は、起こる原因がきちんとあります。

今回は、この「眼瞼下垂」の原因について見ていきましょう。

<後天性か先天性か、それとも偽眼瞼下垂か>

最初に知っておきたいのは、「眼瞼下垂には3つの種類がある」ということです。「先天性」「後天性」「偽眼瞼下垂」の3つであり、それぞれで原因が違います。

まず、「先天性眼瞼下垂」について見ておきましょう。これは生まれつきのものです。先天性の場合は、まぶたを動かす筋肉の力が弱かったり、それを動かすための神経がうまく働いていなかったりすることによって起こります。先天性の場合は、両方の目ではなく、どちらか片方の目に起こることが多いと言われています。

もっとも先天性のものの場合、それによって目が悪くなったり、視界が狭くなったりすることはほとんどないと言われています。そのため、手術をすぐに行わなければならない、というものではありません。

「年をとったらまぶたが下がってきた」という人の場合は、後天性の眼瞼下垂を疑うべきです。加齢によるものや生活習慣によって起きるものであり、次項の「原因」ではこれを取り上げます。

偽眼瞼下垂というのは、名前からも分かるように、本当の意味での眼瞼下垂ではありません。目の周りに異常が起きることによって、眼瞼下垂のように見えてしまっている状態です。偽眼瞼下垂をもたらすトラブルとしては、眼球の陥没などが考えられます。

<後天性眼瞼下垂の原因について~加齢によるもの>

このなかで意識して対処しやすいのは、後天性の眼瞼下垂でしょう。そこでここでは、この後天性の眼瞼下垂が起こる原因について詳しく見ていきます。

後天性の眼瞼下垂が起きるもっとも大きな要因は、「加齢」です。これは特に、「老眼性眼瞼下垂(加齢性眼瞼下垂とも)」と呼ばれているものです。

人間は年を重ねると、筋肉などが昔ほどきちんと動かなくなります。まぶたを支えているのも筋肉なのですが、この筋肉が緩んでしまい、うまくまぶたを引き上げることができなくなってしまいます。

このため、昔は眼瞼下垂が見られなかった人であっても、年をとると眼瞼下垂になってしまうこともあります。

<後天性眼瞼下垂の原因について~ライフスタイルによるもの>

この加齢性眼瞼下垂は、年を重ねていくうちに出てくるものです。ただ、眼瞼下垂を起こしやすいライフスタイルがあるのも確かです。

筋肉や腱膜に異常を起こすことで眼瞼下垂が起きるわけですから、これらにダメージを与えるような行動が原因になっている、と言えます。

たとえば、「目をこする」といった日常的な行動。これをしていると、髄膜が厚さを失ってしまうことがあります。アレルギー性の結膜炎を持っている人や、さかさまつげの人などは要注意です。

また、コンタクトレンズを常用している人や、アイメイクをきつくいれたりする人も要注意です。コンタクトレンズは目に負担をかけますし、濃いアイメイクを落とすために目をこする人も多いでしょう。これによっても目にダメージが行きます。

加えて、泣き虫な人も目をこすりがち。これらにも注意が必要です。

また、現在ではパソコンを使う人も注意が必要、と言われています。ただこれは、「パソコンを使うこと」がそのまま眼瞼下垂とイコールになっているわけではありません。目を使いすぎたことで結膜炎などを起こしやすくなり、そこから眼瞼下垂につながるのでは、という話です。

いずれの場合にせよ、眼瞼下垂はだれにでも起こる可能性のあるものだということははっきりしています。年をとることで起りやすくなるものですし、「普段の生活」のなかにも、眼瞼下垂の原因は潜んでいると言えるのです。